イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内

日本一の切花出荷量/ チューリップの球根


●サクランボ(桜ん坊)の苗●      

2016/08/22

サクランボ(桜ん坊)の説明        

         

 

 

月山錦

 

サミット


         

 

'10/04/10撮影暖地桜桃の花

 

サクランボの花

   

   

 

 

 

●2016年  秋〜春/果樹苗 高さ約80センチ〜

サクランボ(桜ん坊)/品名 単価 仕様 販売時期

説明

佐藤錦/サクランボ 1,350円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送 高砂などと共に甘果オウトウの代表的品種。6月中旬頃収穫の中生品種。
ナポレオン/サクランボ 1,350円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送 甘果オウトウの代表的品種。6月下旬〜7月上旬収穫の晩生品種。
高砂/サクランボ 1,350円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送 佐藤錦などと共に甘果オウトウの代表的品種。6月中旬頃収穫の中生品種。
暖地桜桃/サクランボ 1,350円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送 自家結実
南陽/サクランボ 1,850円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送 肉質がやや硬く日持ちが良い。受粉樹はサミットが最適
紅さやか/サクランボ 3,700円 4.5号(13.5センチ)/
ポット
通年発送  
紅秀峰/サクランボ 3,700円 4.5号(13.5センチ)/
ポット
通年発送  
正光錦/サクランボ 3,700円 4.5号(13.5センチ)/
ポット
通年発送  
さおり/サクランボ 4,460円 4.5号(13.5センチ)/
ポット
通年発送 PVP
月山錦/サクランボ 6,780円 4.5号(13.5センチ)/
ポット
通年発送 黄色のサクランボで有名。貴重種。受粉樹はナポレオン、香夏錦
香夏錦/サクランボ 4,460円 5号(15センチ)/
ポット
通年発送 香夏錦(こうかにしき)高砂に勝る味の良い品種。受粉樹は高砂。受粉樹としても優れる
紅きらり/サクランボ 10,720円 4.5号(13.5センチ)/
ポット
通年発送 PVP、果重9g、2L〜3Lと大実、糖度約19度と高い、着色良い、1本でも実がなる
ジャボレー/サクランボ 1,990円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送 果肉は鮮赤色から熟して濃赤色。授粉樹としても利用可。受粉樹は高砂、香夏錦

サミット/サクランボ

2,720円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送 カナダで育成された品種。糖度高く、酸味少なく味は濃厚。受粉樹は南陽。
アメリカンチェリー/サクランボ 2,970円 4号(12センチ)/
ポット
通年発送  
        上記ケース単位もあります。お問い合わせください。
1梱包・1個口になります。別途運送料が必要になります。
         
         
         
         
   

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●


         
授粉必要品種 授粉樹 説明
全種 他品種 サクランボの開花は通常の栽培の場合には3〜4年になります。
サクランボは自家不結実性だけでなく他家不親和性もある。ナポレオンには高砂。高砂、佐藤錦にはナポレオン。南陽には高砂か佐藤錦が良い組み合わせとなる。
     
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
  プロの栽培方法 サクランボは、西アジア原産の落葉高木。セイヨウミザクラ(西洋甜櫻桃)/オウトウ。
甘果オウトウの原産地は、アジア西部・黒海近辺。酸果オウトウの原産地は、アジア西南〜欧州東南地方。

特性は、サクラの近縁種でサクラより早くサクラ同様の美しい花をつける。
果実は、赤、黄、紫と色彩も豊富にあり初夏の彩りを添える。
栽培は容易だが、雨に弱く湿気の多い場所や、暖地には不向きだが暖地向きの品種もある。
寒冷地向きの果樹だが、リンゴよりやや温暖な気候が向き、果実が成熟する6〜7月に降雨の少ない地域が適している。
甘果オウトウは、自家受粉しないので、新潟での栽培は、防虫網で囲いミツバチを放つ

植え付けは、秋が良く間隔は最低4メートル、直径約1メートル、深さ約60センチ、掘り起こして根が張れるように堆肥、肥料を土と良く混ぜる
植えつけた苗は、4〜5年間剪定して樹姿が半円形になるようにして主枝を選ぶ
主枝以外は間引き、切りつめして、主枝の生長を促すが、切り口の癒合が悪いので大きな枝にならないように早めに剪定する
樹形は、主枝約3本、第1主枝は地上より約80センチから出て、第2、第3主枝は、第1主枝より約60センチから出るように枝を選び、各枝は、幹を中心に約120度間隔で放射状になるように枝を選び、高さは約3メートルにして、日当たりが良く風通しが良くなるように剪定し、樹勢が弱った枝は強めに切りつめる
施肥は、幼木では、窒素肥料を少なく、成木では、窒素肥料などを普通に施肥する。
マグネシウム欠乏を防ぐために、水溶性苦土や堆肥を加えて耕す。

結実は、短果枝に多く、毎年開花結実するので、傷めないように果実を採取するが、熟果をつまんで逆にあげると簡単に取れる

病害虫は、7〜8月頃に、葉にダニが大発生しやすく、6月下旬と8月上旬に殺ダミ剤を散布
収穫期に果実に発生する灰星病には、5月下旬〜6月頃に、ベンレートを2〜3回散布して予防する

殖やし方は、台木(フジザクラ、マハレブ/欧州南部、アジア西南部原産のオウトウの変種)などに、春の休眠期に枝を接木、9月の芽つぎをする
また、受粉をかさねた異なる品種を高つぎする

  その他 サクランボ(桜ん坊)は、生食、シロップ漬け、製菓や果実酒にして利用する

サクランボ果実酒は、疲労回復などの薬酒に、サクランボ500グラム、砂糖100グラム、ホワイトリカー35度約1リットルを、3ヶ月以上冷暗所に漬け込み、1日約50CCを飲用

   

●画像及び説明は著作権があり無断使用できません。

         

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●