イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内

日本一の切花出荷量/ チューリップの球根

ユリ(百合)の球根

スイセン(水仙)の球根

貝母(バイモ)ユリ/アミガサユリの球根

イヌサフランの球根

リコリス/ヒガンバナの球根


●サフランの球根●      

2016/05/25

サフランの説明        

         

 

 

 

 

 


         
●ご注文は '16/06/20 から予約受付致します        
         
夏植え球根  

●夏植え/秋咲き種/開花時期は9月下旬〜

サフラン/品種名 単価 花色/仕様 販売時期

説明

サフラン 504円 ライラック色 7月中旬〜
8月末頃

ライラック色/大球/5球
       

●サフラン球根は約200,000球以上栽培しておりますが、例年1ヶ月程度で完売しております。
早期完売終了の場合もありますのでご了承をお願い致します。
10Kg中球約400個〜、1,000球単位以上のご注文は4月頃までご予約ください。

         
         

         
         
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
  栽培 植え付けは、8月下旬〜9月上旬
球根の重さ以上を目安にして、油粕や堆肥を入れる
花が終わったら主芽だけを残して側芽は取り去る
5月頃に、葉が半分程度黄変したら掘りあげて、日陰で風通しの良い場所で乾燥させる

比較的浅く植えると分球が多くなり、深く植えると大きな球根になる。小球には花がつかないので、食用にするか、もう1年栽培する

  毎年花を楽しむには サフランの球根は、夏の高温多湿や梅雨の湿気に弱いので、5月頃に地上部が黄変したら掘り上げ、風通しの良い日陰で保存して乾燥させて、9月頃に日当たりのよい腐葉土質の多い場所に植えます。

  その他 開花と同時に雌しべの柱頭と花柱の濃紅色に着色した部分のみを抜きとって乾燥させます。
そのまま日干しや陰干しにするとチリチリになってしまうので、すみやかに乾燥させる必要があります。
ストーブなどで40〜50度くらいの温度で乾燥させるようにするのが一番よく、3〜4時間で乾燥を終わるようにしたものを、生薬でサフラン(雌しべ)と呼ぶ。

通常は、婦人病の家庭薬として、雌しべ1回に5〜10本抜き取り、熱湯を注いで数分間すると橙黄色の美しい色が出るので、お茶のように飲用する。
血の道症、月経不順、ヒステリー、更年期障害や子供の咳などに効果があるという

食品の香料、着色料に利用される

         

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●