イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内

日本一の切花出荷量/ チューリップの球根


●シドケ(モミジガサ)の苗●      

2016/01/12

シドケ(モミジガサ)の説明        

         

     

 

シドケ(モミジガサ)

     

 


         

●2016年 春/自然食材苗

シドケ(モミジガサ)/品種名 単価 仕様 販売時期

説明

シドケ(モミジガサ)24

16,130円

3.5号(10.5センチ)/
ポット

3月下旬〜

24ポットの価格、独特の爽やかな香りの山菜で有名、若芽をおひたし、和え物に
1ケース1個口になります。他の苗との同梱はできません。
代金引換はできません。
         
         

         
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
    モミジガサ(紅葉傘) キク科コウモリソウ属  Parasenecio dephiniifolia 多年草
やや湿り気のある林床に見られる多年生草本植物。食用には柔らかい若い芽。特有の香りがあり、地方ごとにシドケ、シドキ、トウキチナなどと呼ばれており、人気のある山菜の一つ。てんぷら、おひたし、各種和え物など。

食べ方
香りが身上のおいしい山菜です。まず、ゆでてあくを抜き、おひたし、あえもので食べましょう。けずり節に醤油をかけるおひたしはうまいものです。香りが強すぎるというなら、ゴマ味噌あえがよいでしょう。ゴマの香りがモミジガサの香りをおさえてくれるからです。中華風の炒め物に柔らかい葉を使ってみましょう。できるだけ高温、短時間に調理するのがコツです。
もっぱら山菜として食用にされる.別名「シドケ」.宮城県のある地域ではこの植物をせき止めとして民間薬的に使用するらしい

栽培
植え場所 落葉樹の下などの半日陰地
用土   やや湿り気のある肥沃な土壌を好む
植え替え 11月頃から新芽の動き始める4月頃まで。
鉢植え栽培も可能だができれば庭に植えて山菜として楽しみたい。

普通は4〜6月頃、寒冷地では7月頃まで、若芽、若葉を摘み取る
くせが無く、そのまま天ぷら、油いため、塩で軽くゆででさらして、おひたし、和え物、ゴマ和え、辛子マヨネーズなど、土の香りと苔の香りの風味を楽しめる

   

●画像及び説明は著作権があり無断使用できません。

         

●「薬草/山菜/ハーブ他苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●