イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


日本一の切花出荷量/ チューリップの球根

その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内


●クルミ(胡桃)の苗●      

2016/06/28

カシグルミ(菓子胡桃)の説明        
クルミ(胡桃)の説明        

         

     

菓子クルミ

     

オニグルミ


         

●2015年  秋〜春/小果樹苗

クルミ(胡桃)/品種名 単価 仕様 販売時期

説明

鬼クルミ

1,680円

4号(12センチ)/
ポット

通年発送

 

'16/6完売’16秋頃〜販売菓子クルミ(菓子胡桃)

1,680円

4号(12センチ)/
ポット

通年発送

通常市販されるクルミはこの菓子クルミのこと
        上記ケース単位もあります。お問い合わせください。
1梱包・1個口になります。別途運送料が必要になります。
        ●新苗とは1年生の苗で、掘り上げてからすぐに植え込んで発送となりますので、根はかなり切ってあります。
●商品着後には、すぐにタップリと水をかけてください。
         

         
授粉必要品種 授粉樹 説明
    雌雄異株。クルミの花粉は風媒花で、山野に自生するオニグルミ等の花粉が数キロ飛ぶために結実する。
また、年数の経過した木は子孫を残す必要から自家結実するようになる。
     
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
  クルミ(胡桃)の説明 北半球の温帯〜熱帯アジアに広く分布する高さ20メートルにもなる落葉高木

オニグルミ、ヒメグルミは、日本が原産地
ペルシャクルミは、イラン地方〜欧州東南部のアジア西部が原産地
通称信濃クルミは、ペルシャクルミの改良種で薄皮のクルミ
クロクルミ、バターナットは、アメリカ原産の野生種で台木に使用される

オニグルミは、落葉性の高木で山地に自生して、植栽もされていて、樹皮に縦の裂け目がつきます。   
葉は、大型で互生(ごせい)して、奇数羽状複葉(うじょうふくよう)で、初めは腺毛(せんもう)があって触れると芳香(ほうこう)を発っしますが、後には脱落して無毛となります。
小葉は9〜17個で長卵形で先は尖り、基部は左右不同になっていて、葉縁には細鋸歯(きょし)があります。
花は、5〜6月ころに若葉とともにつき、雄花穂(かすい)は緑色で、前年のびた枝の葉の脇から垂れ下がり、雌花穂は少し遅れて今年のびた若い枝の葉の脇につきます。
果実は、秋に熟して、球状で直径約3センチ、黄緑色で細毛でおおわれていて、中には深いしわのある堅い核があり、その中に褐色のうすい種皮と白色の子葉があります。子葉も、核の表面の皺溝(しわみぞ)と同じような形をしています。
種子は、非常に美味しく食べることができます。

雌雄異熟(デコガミー)の性質があり、単植では受粉は難しい場合があので、受粉樹を植えるか、高つぎする
粗放栽培にも耐え、無消毒でも栽培できるが、大木になるので植え場所を選ぶ必要がある

品種と栽培適地は、日本の山野に自生する、オニグルミ、ヒメグルミは、高冷地でも栽培できる
平暖地では、改良された信濃クルミを栽培していて、信鈴、清香、要鈴二号、晩春があり、受粉用の優良品種には、みずほ、豊笑が良い


  栽培方法 冷涼乾燥の気候を好み、萌芽が早く、新年枝の新梢の先端に雄花がつくので晩霜の害を受けやすい
土壌は、中性、水もち、通気性の良い土壌が向く

植え付けは、秋植え、春植えがあり、大木になるので、十分な樹間をとり、植え穴は、深く堆肥と土を良く混ぜて植えつける
和苗は地上約1メートルで切り、根元は乾燥しないように敷き藁して、冠水などで予防する

樹形は、主幹形が良く、主枝数約3本、地上約80センチに1本、主枝間隔を約50〜80センチあける
剪定は、不要枝が伸長するので適宜間引く、近接する枝、逆行する枝、強大過ぎる枝が出る

施肥は、11月頃に元肥、9月頃に追肥をする

クルミの雌花は、充実した1年枝の頂芽やその下の1〜2芽に出るのでこの枝の先端を剪定しないこと

病害虫は、クスサン(シラガタロウ)、カイガラムシ類は冬季に卵塊を取り焼却する
コウモリガは、5月下旬〜8月に幹に食入りするので、ダイアジノン粒剤を幹の回りの地表に播く
被害幹は、虫木屑を取り除き、DDVP10倍液で粘土を練りこみ穴に埋め込む
クルミガは、6月上旬に落葉を集めて焼却する
ノシメコクガは、収穫果の乾燥を完全にすると防止できる

殖やし方は、実生枝から接木する


  収穫方法 9月下旬〜10月上旬頃に、果実の青皮に裂け目ができるので、木の枝を揺すって果実を落とす

収穫後に、すぐに水で洗い、米のとぎ汁に浸して漂白し、乾燥させる

クルミは、砂糖がけ、菓子類、クルミ豆腐、野菜とクルミ和えなどに利用される


   

●画像及び説明は著作権があり無断使用できません。

 

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●