イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内

日本一の切花出荷量/ チューリップの球根


●カリン/マルメロの苗●      

2015/09/17

カリン(花梨)の説明        
マルメロ(榲桲)の説明        

         

カリンの花

 

カリンの果実

 

マルメロの花


         

●2015年  秋〜果樹 高さ80センチ〜

カリン/マルメロの苗/品種名 単価 仕様 販売時期

説明

カリン

1,380円 4号(12センチ)/
1ポット
通年発送

 

マルメロ

1,380円 4号(12センチ)/
1ポット
通年発送  
        上記ケース単位もあります。お問い合わせください。
1梱包・1個口になります。別途運送料が必要になります。
         

マルメロ・かおり

-円 4号(12センチ)/
1ポット
通年発送

芳香の強いタイプのマルメロ品種

         
         
         

         
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
  栽培の歴史・特性 マルメロは、中央アジア原産、カリンは、中国原産で、マルメロ、カリン共に近縁種で落葉高木

カリンは、中国から古い時代に渡来して庭木や盆栽などに植栽されていた
マルメロは、寛永11年ころに、長崎に渡来したという記録が残っていて、現在は長野県を中心に栽培されている

特性は、リンゴやナシと同じ、仁果類に分類され、冷涼な気候を好み、耐寒性は強く、特にカリンは、冬季に零下19度でも耐える特性を持つ

マルメロの花は、5月上旬〜中旬に、比較的大型の白色〜淡赤色を帯び、果実は、茶褐色の軟毛で覆われ、果尻にヘタがある
カリンの花は、マルメロより少し早く咲き、淡紅色で美しく、果実は無毛で、果尻にヘタが無い

  栽培方法 栽培は、寒地型で寒い場所には向き、土壌の適応性は広いが、極端な乾燥地では、果肉が褐色になる障害を起こしやすい

植え付けは、春植えより秋植えの方が良く、1年目の生育が良く、深さ約60センチに穴を掘り、土に有機肥料を混ぜて植えつける

1年生苗木は、地上約70〜90センチで切り詰め、新悄を伸ばし、2年目以降は幹の延長枝を約60センチに切り詰め、他の枝は、半円形になるように剪定する
主枝は、2〜3本程度で、リンゴのような樹形をつくる

マルメロ、カリン共に、果実のつき方は、ミカンに似ていて、前年枝の充実した枝の先端部分に2〜3芽が花芽に分化して、そこから伸びた新悄の先端に花がつき結実する

4年生ころから、果実がなるようになるが、マルメロは香気が強く、シンクイムシに冒されやすいので、果実には6月下旬までには、袋をかけて虫の被害を防止する
7月〜8月には、十分冠水して乾燥を防ぎ、果実の褐色になる性理障害を防ぐ
施肥などは、3年に1回約200グラムの棚砂を入れ、有機肥料を毎年施肥する

病害虫は、カイガラムシは、発芽前には潰すか、機械油乳剤を散布する
黒星病には、落花後10日頃に、ボルドー液などの殺菌剤を散布する
シンクイマシは、6月下旬〜8月に、殺虫剤を散布して、袋をかけて食害を防止する

殖やし方は、株分け、とり木でも殖やせるが、実生苗を台木にして接木をする、台木には、カリンでもマルメロでもできる
実生は、収穫果から、種子を採りまく、発芽率は良く、生長の良いものを台木に使う

  その他 果実が肥大して黄金色に熟したら収穫するが、果実は固く生食はできない

マルメロは、砂糖漬け、ジャム、ゼリーや菓子、果実種にするが、カリンは、異臭があり加工しない、カリン酒にして飲用する

カリン酒
冬期に採取した果実5〜6個を、縦横6〜8個くらいに刻んで、ホワイトリカー1.8リットルに漬け込み砂糖300〜400グラムを入れます。
完全に熟成するまでには半年以上かかりますが、漬けてから2ヶ月程度で美しい淡黄色になり、芳香が出てくるので飲むことができます。
カリン酒の味は苦味(にがみ)がありますが、鎮咳(ちんがい)薬として効き目があります。

   

●画像及び説明は著作権があり無断使用できません。

         

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●