イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内

日本一の切花出荷量/ チューリップの球根


●ダイダイ(橙)の苗●      

2016/09/03

ダイダイ(橙)の説明      

 

温州みかん(ミカン)の説明        
夏みかん(夏蜜柑)の説明        
キンカン(金柑)の説明        
ユズ(柚子)の説明        
シーカーシャー/シークヮサーの説明        
レモンの説明        

         

 

ダイダイ/橙の花

 

 

 

ダイダイ/橙


         

●2016年  秋/果樹苗 高さ約80センチ

柑橘(かんきつ)類 単価 仕様 販売時期

説明

かんきつ類/ダイダイ 2,050円 4.5号(13.5センチ)/
ポット
通年発送 ヒマラヤ原産のかんきつで樹高2〜4メートルの常緑性小高木
         
         

みかん/柑橘(かんきつ)の苗

       

ユズ(柚子)の苗

       

きんかん(金柑)の苗

       

スダチ(酢橘)の苗

       

レモン(檸檬)の苗

       

シーカーシャー/シークヮサーの苗

       
         
         

         
授粉必要品種 授粉樹 説明
   
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
  栽培の歴史 ヒマラヤ原産のかんきつで樹高2〜4メートルの常緑性小高木

ヒマラヤ地方原産で、アラビアからイタリア方面に伝わった品種が、スタンダード・サワーオレンジと呼び
東方のインド・中国〜朝鮮、日本に渡来したものが、回青橙(かいせいとう)、臭橙(しゅうとう)と呼ぶ

日本に渡来した歴史は古く、田道間守が日本に持ち帰ったという、トキジクノカグノコノミとは、ダイダイ(橙)という


 
  ダイダイの特性 ダイダイの特性は、連年良く結実して、隔年結果性は少なく成熟果は落果しにくい
成熟果を採取しなければ、三代(3年)の果実が同じ樹の実ることから、代々(だいだい)の名の由来だという

また、木は強健で、耐寒性はきわめて強く、暑さや乾燥や過湿にも耐える性質があるので、気候風土に対する適応性は広い
果実は、球形〜扁球形、約250グラム、果面は濃橙色、果皮は厚く、やや苦味があり、酸味が強く甘味が少ないので生食には不向きで、食酢、マーマレードなどに加工される

ダイダイの品種
臭橙(しゅうとう):熟期12〜翌4月、果実約250グラム、普通に日本で多く栽培されている品種
回青橙(かいせいとう):熟期12〜翌4月、がく、果梗が著しく肥厚する品種
サワーオレンジ:熟期12〜翌4月、果実約180グラム、果皮、葉、花の香気がすぐれている



 
  プロの栽培方法 耐寒性、病害虫の抵抗性が強く、ウンシュウミカンが栽培される地方などでは栽培可能になる

植え付けは時期は、3月下旬〜4月上旬が良く、他に6月梅雨期や秋の9月下旬〜10月下旬があるが、秋植えは幼木に寒気がくるのでできれば避ける
植え穴は、タコツボ式に掘り、堆肥、木灰、腐葉土を土と混ぜて植えつけるが 、根は十分広げて覆土して、十分冠水して、再根が切られた場合には葉を摘み取り根と葉のバランスをとる
苗木には、支柱を立てて固定して、冬季には、コモや寒冷紗をかけて防寒する

施肥は、3月上旬の春肥、6月上旬の夏肥、9月上旬の初秋肥、10月下旬の晩秋肥の年4回、成木1本に窒素約500グラム、リン酸約300グラム、カリ約400グラムが1年間の目安で施肥する
また、2月頃、根の活動が盛んで無い季節に、樹冠下に穴を掘り、苦土石灰を入れると良い

剪定は、木の生育は遅く幼木は剪定をひかえて、アゲハの幼虫、アブラムシ、ハモグリガの害虫駆除をする
3本主枝で剪定して、各主枝には、3〜4本の副主枝をつけるようにする
また、剪定は、密生した枝を間引いて、光が樹間内に入るように剪定する

病害虫は、アブラムシ、アゲハの幼虫、ハモグリガは見つけたら駆除
ミカンハダミは、年3〜4回、異なったダニ剤を散布するが、通常1枚の葉の裏ダニが2匹以上見たら防除した方が良い
ヤノメカイガラムシは、幼虫期の8月中〜下旬に、ジメートエイト乳剤1000倍液を散布

殖やし方は、カラタチの実生苗の2〜3年生台木に、9月上旬に芽つぎ、4月下旬に接木する
接木した継ぎ目には、つぎ木用のビニールテープをしっかりと巻きつけ雨水が入らないようにする


 
    毎年12月下旬になると美しい濃橙色に色づくので、正月の飾りに使う場合には、葉をつけて収穫する

果実は、酸味が強く生食には不向きだが、食酢、マーマレードに加工、また、薬用に使うが、3月頃に収穫する


 
   

●画像及び説明は著作権があり無断使用できません。

         

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●