イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内

日本一の切花出荷量/ チューリップの球根

 


●アマチャ(甘茶)の苗●      

2016/08/10

アマチャ(甘茶)の説明        

         

 

     

2008/10/28撮影/苗


         

 

   

紅甘茶

 

八重甘茶

   

         

●2016年 小果樹苗

アマチャ(甘茶)/品種名 単価 仕様 販売時期

説明

アマチャ(甘茶)

700円 3号(9センチ)/
1ポット
10月頃〜
翌年6月頃

高さ約10センチ

アマチャ40(甘茶)

24,000円 3号(9センチ)/
1ポット
10月頃〜
翌年6月頃

高さ約10センチ。
40本セット。1ケース1個口になります。他の苗との同梱はできません。

         

八重甘茶

980円 4号(12センチ)/
1ポット
10月頃〜
翌年6月頃

高さ約20〜30センチ。栽培2〜3年生〜。来年開花予想株。

         
         
         

         
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
  栽培 栽培は容易で半日陰の場所〜陰地まで。やや湿気の多い場所が向く。
土壌は湿潤肥沃な場所では良く生長する。肥料は、腐葉土などを使い有機栽培する。
繁殖は花の終わる頃に株分けか挿し木で繁殖させる。
雑草は取り除くこと、農薬などは一切使用しないこと。
甘茶の原料となる葉を採取するときは、花を咲かせないように、つぼみのうちにとって葉の生育をよくします。
8月中旬ごろに葉をつんで、天日で乾燥させて、容器に詰めて霧水を散布して水分を葉に均等にしみ込ませて一昼夜ぐらい放置すると、むれて熱をもってきます
むろの上に広げて、ときどきもみながら天日で乾かし甘茶とします
葉を乾燥させないで直接木桶にかたく詰める方法もありますが、いずれも生のアマチャの葉は、噛むと苦くて甘味はありませんが、発酵させると甘味がでます(発酵した葉を咬んでも甘味は感じません)
生葉には、グルコフィロズルチンが含まれていて、これには甘味がなくて発酵すると酵素により加水分解をうけてフィロズルチンになります。フィロズルチンは、砂糖の約1000倍の甘味をもっています
発酵して乾燥したアマチャの葉適量を煎じて甘茶として飲用します。夏は冷やして飲用します

甘味成分の、クマリン類のフィロズルチン、ステビオサイド、ルブソシドは、人の体内では消化吸収されないので、糖尿病患者や肥満症患者の甘味料として有効に作用する。

また、クマリン類のフィロズルチンなどは、中国南部 広西省チワン族自治区の山地に自生するバラ科キイチゴ属のテンチャにも含まれる。

殖やし方は、6〜8月頃の挿し木。さし穂は20センチの長さに切り葉を半分落として赤土か川砂、鹿沼土に挿し木する発芽したら翌年春に植え替える。花がつくまでには、約3年必要
株分けは花の終わった時期に株を堀り上げて1株に3本立ち程度に分ける

●アジサイ・アマチャの鉢植え
甘茶はアジサイと同じ用土でOKです。水はけ良く、保水性のある用土を使用して下さい
新潟で使ってる用度は赤球土:鹿沼土又は軽石:腐葉土又はピートモス 4:4:2位
植え替えは落葉時期11月〜4月初め頃、一回り大きな鉢に植え替え
肥料は4月頃と、花後すぐ、9月の年3回 剪定は7月中旬頃までに行う
置き場は日当たり地。夏の水切れには注意が必要です
冬は雪の下でもOKですがその場合枝が折れないように気をつける。雪の降らない地方では土が完全に乾かないように注意する
     
   

●画像及び説明は著作権があり無断使用できません。

         

●「薬草/山菜/ハーブ他苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●